今回も起きている犯罪ケース

震災に乗じて

予想していなかった震災によって疲弊する人たちの心も段々とすり減っていく。そうした環境が続けば続くほど、何が本当で嘘か、そうした現実認識力が落ちることも懸念されます。その状態を狙って、あるいは被災して自宅から強制的に離れなくてはならなくなったため、周辺一帯が伽藍堂となったことを見計らって不届きなことをする犯罪者がやはり出ているという。こちらについてもさほど驚くことでもないと個人的に見ている、理由を問われれば東日本大震災でも震災利益とばかりに金銭が動いていたからだ。それこそ中には反社会勢力による開発計画なども立ち上がっていたほど。誰もいなくなった家に忍び込んで金品を盗むなど、そうした事件も度々報道されていた。

こんな事態に犯罪なんて、などと思うかもしれませんが混乱している時だからこそ犯罪を行う、と見た方がわかりやすい。足がつきにくい、そういった面を利用して悪事を働く人は事実としている。対策を練ろうとしても練られるものではないので、やきもきするしかない。

ではこの状況で確認されているだけの犯罪ケースはどんなものがあるのか、少し見てみよう。

話題の情報もりだくさん

発生している犯罪

物盗り

震災で最も多い事件といえば、物盗りだろう。東日本大震災においては原発事故も絡んで急遽避難しなくてはいけない人たちが続出し、町1つがゴーストタウン化したほどだ。町としてのセキュリティがまともに機能していない状況下での盗みとなるとやはり横行してもしょうがない。やっとの思いで帰ってこれたとなっても自宅はひどく荒らされた状態で、貴重品が全て無くなっていたなど当たり前だ。捕まえたくても捕まえられない、被害こそ届けることは出来るでしょう。ただ犯人が捕まるかどうかに関してはかなり微妙なところだ。

被災した直後、そうした貴重品全てを持ち出すというのも現実的ではありません。ではどうすれば盗まれなくなるかというと、現状行える対応はしっかりと施錠してから避難する、しか挙げられないという。

偽の募金

横行している犯罪の中には善意を装った悪質なものもある。先述でも話したが、募金についてだ。東日本大震災ではあれほど熱心に駅前で呼びかけていた人たちは、今回の熊本地震においてそうした活動をしている人を筆者は見ていない。やはり義援金を集めて被災者を助けようとする人々の意志を蔑ろにして、自分たちが私的に使うために集めているだけというのも残念ながらある。

ある人は自宅に押しかけられて断っても帰ろうとせず、募金集めがうまくいかないといった愚痴を流していた、という露骨な悪質行為すら目立っている。便乗してお金を騙し取る行為、5年前でも相当問題になったが、今回の熊本地震においても指摘されそうだ。

強姦事件も

被災した場所で秩序などを求めてはいけません、水や食料に飢えていればそれだけで取り合いになる。日本はそうした状況になっても無法地帯とならずにいられるだけの社会性が備わっているのが幸いだ。ただやはり中には混乱に乗じて女性を乱暴する人なども出ているという。実際、熊本県の被災地では複数名の男性に強姦された女性が出ているとも言われているくらいだ。女性が1人、混沌とした場所へ行くことは控えるようにとアナウンスするまでになっている。

する必要がない工事を

こんな悪質なケースもある。公的機関からの指示あってと銘打って、自宅に緊急地震速報受信装置の設置や震災による影響で壊れている屋根瓦の点検に来ました、的な事を言ってくるような事案もあるという。当然だが、その全てが嘘だ。体よく近づいて親切心からこうした事をおこなっていると見せかけているだけの、よくあるリフォーム詐欺だ。

最新ニュースを見る

考える人は考える

正直ここまで来るとよくそこまでのネタを引っ張り出してくると関心すらしてしまう。本当にそんなことが起こっているのかと不思議に思う人もいるかもしれませんが、全て実話だ。犯罪とは身近にあるものを利用して、外見こそ人当たりが良さそうにしている人が実は、なんて良くある話だ。この震災においても時間が経てば経つごとに犠牲者は増えていくだろう。巻き込まれていなくても、プライバシーなどといった装いが全くない避難所での生活は息が詰まる。

そういった意味でも犯罪がしやすくなっている環境が出来上がってしまっているのが問題となりそうだ。

超お得な情報

これからも優れた製品、最新の技術や情報を結集し提供してまいります。今後ともなお一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。今村製袋に袋制作はおまかせください!