拡張現実と仮想現実の発達

ここまで来た

未来的な時代、言ってしまえばド〇〇もん的な世界を想像していた人も多いだろう。22世紀、この時代までに世界がどれだけ発達しているのか見当もつかないが、21世紀はあっけないくらいに平凡だった。ある作品では人の生活は何もかもが科学を利用すれば賄える、なんてハイテクすぎる時代になっている。流石にそこまでの急激な進化は求められないが、そうなるように技術たちの切磋琢磨は日々行われている。

IT分野における技術革新は驚くほど進歩している、それこそスマホやiPhoneなどの高性能端末などが良い例だ。持ち始めて思ったことは、便利だけどここまで高度にする必要があったのかという点はある。モバイル媒体も構わないが、やはりもっとこうパソコンを使用した大掛かりな開発があっても良いのではと思ったりもする。二次元の世界で語られる技術水準は、いつの時代でももしかしたら来るかもしれない、そうなろうとする理想が集ったものが形作られている。ある作品では人間の脳が社会における絶対的な良し悪しを判断付けて、将来の可能性なども全て生まれた時から判断されるなどの恐ろしい社会が描かれることもあります。

技術は日々進化し続けている、その中でも今一番大きいものといえば『拡張現実と仮想現実』という2つの分野だ。この2つ、似ているようで似て非なる物となっている。ただ今後の技術開発によってはどちらも大いに発達すると言われている。中でも期待値的な面で見れば仮想現実の大成を願ってやまない人もいるでしょう。現在のところ、投資家達にすれば拡張現実が成功すると見ている人もいるでしょが、今後の発達では確実に仮想現実の方が高いと言われている。

気になる話題ですが、知らない人もいると思うので簡単に説明しながら、どうしてそこまで期待されているのかについても見てみよう。

話題の情報もりだくさん

拡張現実と仮想現実の違い

まずこの拡張現実と仮想現実の違いについて簡単にまとめると、

というところだ。元々の概念から異なっている、拡張現実とはコンピューター、一例で挙げるとスマホなどのアプリを利用することで利用者間で情報を共有するという点が目的だ。それに対して仮想現実とはその場にあるはずのないものが、さも存在していると思えるような技術となっている。

前者の機能を利用したもので一番有名なのは『セカイカメラ』というアプリの存在だ。スマホのカメラをかざして情報を共有するという発想から、一時期人気を集めたアプリでもある。しかしそれも2014年の1月には全サービスが終了してしまった。終わった原因については諸説ありますが、個人的に見てもあまり先進的とは思えない技術に思えてしまう。

対して後者に関しては、誰もが早くその実用化にならないかと望んでいるだろう。良く言えばオンラインゲームによる利用といったほうがわかりやすいかもしれません。ただそうした技術と本来の仮想現実とは本質的な部分が異なってくるので、一概に仮想現実の研究と技術開発が進めば成し得られるとは言いがたいというのです。あくまで理想とはいえど、夢が広がるような話題であるのに代わりはないため、どちらか片方の技術発展を望むとしたら断トツで後者だと答える人が多いのは明白だ。

拡張現実の可能性

しかしだ、拡張現実も今後何かしらの成功例が確認されるようになれば、汎用性を活かしたシステム搭載も想定することが出来る。例えば自動車分野といった方面に活用するなら、交通情報などをフロントガラスなどに表示されるといったものが開発されれば、どのルートを活用すれば渋滞に見舞われないかといったことも事前に察知することが出来る。カーナビで実際にシステム化しているものもあるでしょうが、やはり視覚的な意味ではその有用性は計り知れません。

現在では仮想現実に対する期待が高いのは事実、ですがそれは前もって期待されている分野が既に判明しているからだ。対して拡張現実については方面を知っている人が少ないこと、また確固たる活用できる分野の有効性が現実的に立証されていないところが難点と言える。やはり成功したケースがあるかないかで見れば、ないよりはある方が説得力があるのは言うまでもない。

最新ニュースを見る

お子様やご親族の結婚式に欠かせない黒留袖はレンタル衣裳マイセレクトにおまかせください。16点フルセットで9800円よりご用意してお待ちしております!
オリジナル袋を一から自社で生産いたします。オリジナル袋・包装資材全般の製袋・加工・販売|大阪の今村製袋お客様のご要望に合わせてサイズ・色・素材を一から製袋するオリジナル袋の加工が可能です。

未来化する社会

時代は一歩ずつ進化していきます、高齢者の人々にとってはあまり最新になりすぎるとついていけないと嘆く声も聞かれますが、それもしょうがない。ただ熊本地震においても情報格差によって避難所における生活にも差が出てしまっているなど、弊害が生じ始めている。そうなるとわからないからやらないではなく、わからないからこそ学ぶという方針に切り替える必要があるのかも知れません。もしそうなら国は高齢者で機械操作が苦手な人たちを対象とした、無償で通える学習教室などを用意するなどの準備が必要になりそうだ。

今後は益々発展する技術面においても注目は外せない。

超お得な情報