IT分野における話題

完全にテロ案件へとなりつつある

世間を騒がす話題もありますが、ニュースとは身近なものにも焦点が行き届く。中でも今や社会で当たり前と言われて久しいことも話題にあがる。大手メディアで取り上げられることはないが、ネットメディア案件ではあちこちで話題となっているのは、やはり『Win10へのアップデートについて』ではないでしょうか。現在発売されている新製品モデルには搭載されているのが一般的になっている。しかしいまだ多くの個人、企業などが前モデルのWin8、あるいはWin7のままOSを変更すること無く使用しているはずだ。

どうしてアップグレードしないのか、という点については様々だが、やはり使い慣れたものを手放すのは惜しいと考えている人が多いよう。使いづらさやシステム的な面での不具合でパソコン内のデータが消えてしまう、といった事も確認されているくらいだ。そうした体験談を目にするとしたくなくなる人が増えてもしょうがないだろう。

現在はまだ無償アップグレードが保証されている期間なので、しようと思えば誰でもWin10に切り替えられる。ただやっぱりやりたくないと気持ちが変化してしまう人もいるため、普及率は極めて低い。そもそも企業で利用されているものについては、最新型を買うまではするなという指示が出されているところもあるほどだ。IT関係の話題はかつては矮小な社会でしか通じない話題でしたが、生活に必要なものとなった今では誰もが知っておきたい知識となっている。

そんなWin10を取り巻く話題で一番有名なのは、Win10へと強制アップデートされたというケースについてだ。

話題の情報もりだくさん

パソコン開いて、Win10とご対面は予想外

Win10へとアップグレードする、そんなアナウンスが昨年2015年夏頃から告知されていた事を覚えているでしょう。今でもWin7、中には既にサポートは終了しているがもしかしたらWinXPを利用している人もいるかもしれません。マイクロソフト側としてはWin10への切り替えを推奨しているが、人によって、企業によっては簡単に行えない事情は当然ある。そうなると必ずしも更新すればいいとは限らないからだ。

ただそうした事情を鑑みないで、勝手にアップデートされてしまったと嘆く声が飛んで来る事もしばしば音となって聞こえてきます。勝手にアップデートされたとはいうが、そもそもそんなことが本当に可能なんでしょうか。この話題にテロ案件だと言って恐怖を感じた人も少なくないはず。何せ意図的に外部から改ざんされたも同然だからだ。まだ変更するつもりはないという人は、その都度更新するか否かで手続きをする必要があります。

個人的な意見として

アップグレードしたかと聞かれると、筆者はWin10が公開されてから速攻でアップグレード予約を行った1人だ。理由として、別段Win7に名残を惜しむとか郷愁めいた思いを持たなかったからと、淡白な言い方で表現するとそうなる。無償で出来るならして損はないだろうという点から、思い切って予約を行って公開もスタートした。しかし一様にアップグレードされず、バックグランドでの更新すら出来ずに散々待たされたものだ。

更新プログラムの確認をしても、いつも大抵パソコンの電源を落としている時に行われていたためだったのかもしれない。その後時間を見つけてアップグレードを行い、数時間後には終了した。色々と不満だと言われている点についても思うところはある、ただ個人的にアップグレードしたおかげでコスパが上がったのです。失敗例が聞かれる中で個人的にはしてよかったと思えたが、積極的にアップグレードをしようとした人にも別のトラブルが起こっていたという。

更新が止まる

更新をしようとして、そのアップグレードがなんと途中で停止するといった、あまり遭遇したくない事態に見舞われた人もいるという。原因は様々だが、本体に接続している外部接続が更新に不具合をもたらした、といったケースが見られる。また更新が無事に終わってもその後ネットワークアクセスなどの障害が起きるなど、更新してもその後の対処に奔走するような事例も実際起こっているという。

そう考えたら筆者は全然良い方なのかもしれません、物足りないと思った部分もあったがそれでも比較的全体を見れば正解だったと言い切れてしまうのだから、良いほうだ。

最新ニュースを見る

プロが丸洗い!エアコン 工事 エアコンクリーニングはおまかせください。

話題に事欠かない

こうした科学分野に関する話題は、常に情報を追っていかないといけないという部分もある。何せ1ヶ月前に出た情報ですら古すぎると言われかねないからだ。一番発展スピードが軒並み高い分野であるのも関係しているが、激動すぎるので追い切れないと感じる人の方が多そうだ。

超お得な情報